2007年07月31日

グッドエコツアー!

 日本エコツーリズム協会では、お勧めのエコツアーを推奨する「グッドエコツアー」という制度があるそうです。
 ツアーを作る側も、この推奨を受ければ正式な「エコツアー」だと認定されるわけですし、エコツアーに参加する側にとっても、ツアーを探すときの一助となって便利ですね。

 現在57のツアーが推奨され、紹介されています。いろいろなツアーがあって楽しそうですよ!

日本エコツーリズム協会:グッドエコツアー
http://www.ecotourism.gr.jp/GET/GoodEcotour.htm

(ツアー例:上記サイトより抜粋)
北海道
○知床五胡ガイドウォーク
○流氷ウォーク
○ 釧路川を下る・ネイチャーボート みどりコース 
○ 無人島探険ツアー 
○ 高山植物お花見ツアー  
○厳冬の春国岱・風蓮湖オオワシツアー

青森県
○ 白神山地マタギ小屋泊トレッキングツアー 

福島県
○ 自然を歩く(時速4kmで流れる裏磐梯の風景) 

群馬県
○ 尾瀬エコツアー
○ 奥利根湖レイクサイドキャンプツーリング

埼玉県
○ 名栗川の源流と巨木ブナを訪ねるエコツアー

東京都
○夕方からのお手軽大人キャンプ(奥多摩湖畔公園)
○八丈島を歩こう  

山梨県
○ 富士山信仰の吉田口登山道ツアー
○ 富士登山ツアー

静岡県
○ 青木ヶ原樹海・洞窟探検ツアー
○ あなたの知らない富士山

滋賀県
○ 北近江探訪エコツアー@晩秋の伊吹山

高知県
○ 吉野川川辺キャンプツアー

長崎県
○ 対馬の自然と歴史を満喫するシーカヤックツーリング

熊本県
○ 阿蘇火山フィールドミュージアム

鹿児島
○ ヤクスギランドフォレストウオーク
○縄文杉一泊二日トレッキングキャンプコース

沖縄県
○ 慶佐次川マングローブカヌー体験ツアー
○やんばるの森、里、海を楽しむ 新里
○ マングローブカヤック&ジャングルトレッキングツアーA


<過去の関連記事>
2007年05月23日:エコツーカフェ 毎月1回開催中!
http://eepd.seesaa.net/article/42537668.html

2007年06月16日:エコツーリズム推進法 成立へ
http://eepd.seesaa.net/article/44619433.html


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する

2007年07月30日

エコ・チャーチ 完成!

 エコな工場、エコなビル、最近増えてきましたね。エコハウスは、まだこれからという感じでしょうか。そんな中、エコ・チャーチができたという記事を見つけました。
 CHRISTIAN TODAYというサイトからの引用なので、私も含めノンクリスチャンの人にとってみると、ちょっと違和感を感じる文章かもしれませんが、ご容赦を。

自然環境との調和 エコ・チャーチ「南信州チャペル」が完成
http://www.christiantoday.co.jp/domestic-news-820.html
(2007/7/27 CHRISTIAN TODAY)
↑リンク先では、教会の写真を見ることができます。

------------ 以下、引用 -----------------
 自然エネルギーを利用したエコ・チャーチとして、太陽光発電や雨水利用など自然環境との調和に取り組む日本アライアンス教団名古屋教会の新しい礼拝堂「南信州チャペル」が、長野県下伊那郡阿智村に建設され、16日献堂式を迎えた。
 同教会の主任牧師である田中忍師は、専門に学んでいた地球科学を教会運営の中でも実践活用できないかと考えていた。田中師は、「神さまからいただいた愛を伝えるためにやっています。素晴らしい自然環境の中で、素晴らしい神さまの愛を、地元の方々に伝えたい」と語った。
 献堂式では、特別講師の河野勇一師(東海聖書神学塾・塾長、日本バプテスト教会連合・緑キリスト教会牧師)を招き、教会関係者や地元住人など約70人が集まった。出席者たちは、「惜しみなく与えてくださる神の前で思い悩むことなく、貧しい者に施し、困っている者の求めに応じ、心豊かな生活を送り、天に宝を積みなさい」というルカ12章からのメッセージに聞き入っていた。
 参加した地元のノンクリスチャンの住民は、「過疎化が進む村のことで思い悩んでいたが、メッセージに感銘を受けた」と、御言葉に力をもらったことを証しした。
 8月からの同礼拝堂での主日礼拝は、名古屋教会と兼任で田中師が行う。現在は月曜日と火曜日に地元住民との交流や、訪問者にエコ・チャーチの説明会を行っている。
 また、結婚式や講演会、環境学習会等の利用希望についても相談を受け付けている。
------------ 引用終わり ---------------

 この記事とは直接関係ありませんが、宗教と環境問題の関係というのも今後重要な問題になってくるのではないかと思っています。日本の場合はそうではありませんが、宗教の教えのままに生活を送る人たちは、世界を見渡すとかなりの割合を占めています。そういった宗教の教えが、環境問題に対してどのような立場であるのか?という点は、とても大事だと思います。それぞれの宗教が、人類の新しい問題である環境問題に対する立場をどのように採っていくのか、見守るだけでなく、それ以上の行動を起こすべきなのかもしれません。




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 01:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | エコニュース ブックマークに追加する

2007年07月29日

夏休みには、エコゲーム!

エコ漫画を先日紹介しましたが、今日はエコゲームを。

夏休みにやりたい!エコを感じるゲーム
「ファミコン」時代からここまで進化!ゲームも”エコ”時代へ
http://www.nikkeibp.co.jp/style/eco/special/070724_eco-game/index.html
(2007/7/24 ECO JAPAN)

 私が大学時代所属していた研究室でも、環境教育のためのゲームを開発していました。
 落ちてくるゴミを正しいゴミ箱へ分別するゲーム(テトリス風)や、排出権取引を盛り込んだエコポリー(モノポリー風)など。環境問題を子供たちへ伝えていくには、ゲームという要素を使うのはとてもいいと思いませんか?だって、ゲームのキャラクターとかルールとか、すごい勢いで覚えていきますよね!
 ま、今日の記事で紹介されているものは、大人も存分に楽しめるものばかりのようですが。。

ニンテンドーDSの「エコリス」について、
-------- 以下、引用 ----------
 環境問題やエコロジーをテーマにした1本。プレイヤーは森の精霊「ドリアン」となり、“廃棄物処分場の建造”や“森の人捕獲作戦”などの開発計画を進めるキングダム王国の魔の手から森を守る――というストーリー。「ドリアン」は、森の仲間に指示を出して開発マシンを倒し、木を植えて森を再生していく。
 ゲーム内時間は、現実の時間と連動していて常に変化する「リアルタイムストラテジー」というジャンルのゲームだ。状況に応じた戦略と指示が必要となるので、よりリアルで緊張感のあるプレイも楽しめるだろう。また、ワイヤレス通信を利用して、手軽に協力・対戦プレイも楽しめるのもDSならではといったところだ。
 このゲームは「ドリアンとともに乱開発から森を守り、木を植えて森を取り戻していく過程から、環境問題への関心を持ってもらいたい」という制作側の意図から、売り上げの一部を世界自然保護基金(WWF)へ寄付。ゲームの内容もさることながら、購入がそのまま自然保護につながるしくみは、今後のモデルケースともなりうる試みだろう。ゲームとエコ、その両者が歩み寄ることで化学変化が起きるかもしれない――そんな期待を抱かせられた一作だ。
---------- 引用終わり ---------

■記事で紹介されていたソフト
・エコリス(ニンテンドーDS)
・ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原(PLAYSTATION3)
・クイズ&タッチけんさく 虫図鑑DS〜虫をさがそう・しらべよう(ニンテンドーDS)
・牧場物語やすらぎの樹(Wii)
・リバーライドアドベンチャー フィーチャリングサロモン(PlayStation2)
・咲かせて!ちびロボ!(ニンテンドーDS)
・プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル(PSP)
・フォーエバーブルー(Wii)

 我が家には今ゲーム機はないのですが、Wiiを買おうと画策中です。エコゲームにはまって、このブログが更新されないようになったらごめんなさい!?



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する

2007年07月28日

打ち水でエコエコ!

 若干手抜き感がありますが、、エコエコな記事を見つけたので、ぜひご紹介したいと思います。

【ストップ温暖化 地球と家計の冷やし方】打ち水で涼を呼ぶ
(2007/7/23 産経新聞)

--------- 以下、引用 ------------
 本格的な夏の到来に、早くも毎日冷房のリモコンが手放せないという方も多いのではないでしょうか。しかし、ずっと冷房が効いた室内にいると、冷えや頭痛、食欲不振などの体調不良を招くおそれもあります。つらいのは体だけではありません。夏になるとぐんと増えるのが電気代。家庭で消費電力量が最も多い電気器具はエアコンですから、冷房の使用機会が増える夏はお財布にとって痛い時期でもあります。
 そこで今年の夏、ぜひ試していただきたいのが「打ち水」。もとは江戸時代、華道や仏教のお清めとして行われていた打ち水ですが、夏の暑さをしのぐのにも役立ちます。やり方はとても簡単。バケツやじょうろなどに水を入れ、ベランダや家の周りに路面がまんべんなくぬれるくらいまくだけです。行う時間帯は気温の低い朝か夕方がおすすめ。特に朝方に打ち水を行うと、その後の気温の上昇を緩やかにしてくれます。水はお風呂の残り湯や雨水など、水道水以外を使用してください。お金を全くかけずにできるところが、打ち水の最大の魅力です。
 見た目にも涼しい打ち水ですが、その効果もあなどれません。2003(平成15)年から毎夏、「全国いっせい打ち水」を呼びかけている「打ち水大作戦本部」(東京都)によると、打ち水をした後の気温は最大2〜2.5度下がるとのこと。さらに打ち水を行うとそこに気温差が生じ、風が生まれます。冷房の送風とは一味違う自然の風です。
 今年の夏は窓辺に風鈴をつるし、窓を開け、打ち水で自然の風を呼び込んでみてはいかがでしょう。チリンと耳に心地よい音が、気持ちもほんのり涼しくしてくれます。
 (うちエコ研究会)
-------------- 引用終わり -----------

 我が家は比較的エアコンは使わないほうではないかと思いますが、最近はじめじめした湿気が嫌でドライ運転でつけることが多くなりました。庭なんてないマンションに住んでいるので、打ち水、、あまり関係ないかなとおもっていましたが、ベランダで打ち水、やってみようかなーと思います。電気代も節約できて、エコエコ!になりますから。

打ち水大作戦2007



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する

2007年07月27日

「マイ箸」キープ!

 マイ箸を持ち歩く人は、次第に増えてきているようですが、ボトルキープならぬ「マイ箸キープ」ができる居酒屋が登場したそうです。

手軽にエコライフ…「マイ箸」持ち歩く ボトルのようにキープも
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/seikatsu/070725/skt070725000.htm
(2007/7/25 産経新聞)

 池袋東口の居酒屋「酔虎伝(すいこでん)」では、ボトルが並ぶ店の棚に常連客の名前がついたお箸が並んでいるそうです。
--------- 以下、引用 -----------
 「酔虎伝」や「八剣伝」を展開するマルシェ(大阪)では昨年2月までに、約740の全店舗で割り箸の使用を廃止し、プラスチック箸を導入した。これと並行して始めたのが280円のマイ箸を購入してもらい、店にキープするサービスだ。箸を1回利用するごとにたまるポイントで食事券のプレゼントもあり、サラリーマンやOLらに好評だ。
 現在約120人が利用しており、「スタッフはお客さまの顔と名前を覚えるよう努力するし、コミュニケーションにも役立つ」と石本千貫(かずたか)店長。グループで来店した常連客に、キープ箸をそっとさし出すと、「(初めて来店した客から)それ何?」と盛り上がることもあるという。
 広報課の味岡倫弘(みちひろ)さんは「日本で毎年使い捨てされる割り箸は木造家屋2万戸分。膨大な量の割り箸を使用してきた企業として、マイ箸運動を広めていきたい」と説明。まだ一部店舗に限ってのサービスだが、順次拡大していくという。
-------------- 引用終わり ----------

 マイ箸の動きはどんどん広まっているようで、千葉県柏市役所では、7月から職員2800人全員が各自箸を持参するようにし、年間約41万膳、約2トンのごみが削減できるとのこと。
 コンビニチェーン「ミニストップ」では、国産ヒノキ材を使ったマイ箸の販売を開始。ローソンでは全スタッフ約4500人に携帯用箸を配布したそうだ。

 最後に、割り箸についてちょっとお勉強。
 林野庁の統計では、日本で年間約260億膳の割り箸が使われており、1人当たり約200膳使っている計算だそうです。
 そうそう、私もつい最近までは、割り箸は材木の端材や間伐材を利用しているから、環境負荷は少ないと思っていました。しかし、これは国産の木材を使った場合の話。現在日本に流通している割り箸の98%が輸入品(ほとんどが中国製)。日本向けの割り箸を作るために、中国での乱伐や森林破壊を引き起こしているのが現状なのです。
 ということは、どうしても割り箸を使わざるを得ない場合は、国産の割り箸を使えば、OKということですね!!

マイ箸クラブ
http://www.mother-earth.jp/myhashi/

ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。