2011年01月22日

電気を作る微生物! 実用化へ向けて研究進む

水素と酸素から電気を作る燃料電池の研究が進んでいますが、「微生物燃料電池」なる研究が進んでいるそうです。
 主役となるのは、「電流生成菌」という細菌。有機物をえさにして、電流を生み出す細菌だそうです。つまり、有機物を入れた水中にこの微生物を入れると、電流が生まれるという仕組み。

 研究チームでは、この技術の活用方法として、以下の2つを想定しているそうです。

----- 以下、引用 -------
 1つは比較的大きなプラントで、下水や工場廃水を微生物で分解しながら「副産物」として電気を得るやり方。
 もう1つは、システムを小型化して携帯機器の電源などに使うものだ。現在はメタノールを使った燃料電池が開発されているが、微生物燃料電池ではメタノールよりも安全な原料を使えるようになる。
----- 引用終わる -------

 以前とりあげた、発電床もそうですが、実用化に向けた課題は発電効率。しかし、昨年大きく進歩し、『研究を始めた当初は1リットル当たり1ミリ〜10ミリワットしかできなかったのが「1リットル当たり2ワットの水準まできた」(渡辺氏)。世界的に見ても最高水準で「一気に実用化の見通しがみえてきた」(同)。』(記事より引用。渡辺氏=東京大学先端科学技術研究センター渡辺一哉特任准教授)だそうです。

 今後の展開に期待ですね。下水処理場が、発電所に変わる日が来るかもしれません。

<参考記事>
発電に微生物の力 燃料電池が実用レベルうかがう
(2011/1/21 日本経済新聞)

【過去の記事】
2007年05月25日:究極なエコ発電! 音力発電・振動力発電
http://eepd.seesaa.net/article/42777384.html


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・環境技術 ブックマークに追加する

2011年01月21日

地球温暖化:2010年の世界平均気温は、過去最高

大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 今年も、細々と書いていければと思っていますので、よろしくお願いします。

 さて、新年早々、去年の振り返りですが、日本は去年は猛暑で暑かったですね。今年の花粉の飛散量は去年の5倍と予想されているそうです。(私は、ありがたいことに、花粉症ではないので平気ですが。)
 一方、世界の平均気温も、過去最高だったと、世界気象機関が発表しました。温暖化は、すこしずつ進んでいるようです。


昨年の平均気温、過去最高=「温暖化傾向示す」−世界気象機関
(2011/1/20 時事通信)

------ 以下、引用 --------
 世界気象機関(WMO)は20日、2010年の世界の平均気温が14.53度となり、05、1998年と並び観測史上最高だったと発表した。アフリカや東南アジア、カナダ北極圏などで顕著だったと指摘。「地球が長期温暖化傾向にあることを裏付けている」としている。
 WMOは、米航空宇宙局(NASA)など米英気象機関の観測に基づいて分析。それによると、昨年の平均気温は基準となる61〜90年平均(14.0度)を0.53度上回った。これまで最高だった05、98年をわずかに超えたが、誤差の範囲としている。
------ 引用終わり --------


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコニュース ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。