2011年04月16日

脱原発へのムーヴメントを

このたびの東日本大震災に際し、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い、復旧・復興を心よりお祈りいたします。


エコエコ促進日記では、震災後1回目の更新となりますが、ここでは、東京電力の福島第一原発事故の話題を取り上げざるを得ません。

当ブログでは、2007年の新潟県中越沖地震の際の東京電力柏崎刈羽原発の問題を中心に、何度か原子力発電所の問題について、触れてきました。


【過去の記事】
2007年07月22日:原子力発電を考える。
http://eepd.seesaa.net/article/48341603.html

2007年07月18日:原発の安全性。。。原発の直下で地震
http://eepd.seesaa.net/article/48208906.html

2007年04月09日:核のゴミ、捨て方が決まっていない??
http://eepd.seesaa.net/article/38173637.html


ついに、恐れられていた事態が起こってしまった。そういわざるを得ません。
決して、想定されていなかった事態が起きたというわけではないと思います。
これまで多くの方々が指摘していたことです。
過去の記事を見ていただければ、お分かりになると思います。


福島第一原発の廃炉のための作業は、早くても10年。100年かかるという専門家もいるようです。
現に、チェルノブイリ原発は、事故発生が1986年。現在も、放射性物質の汚染除去などの作業が続けられており、2065年まで続く見通しだそうです。


今、脱原発の動きが高まっています。

 ジャーナリスト・翻訳家の枝廣淳子さんが所長を務める「幸せ経済社会研究所」が行った「日本の今後のエネルギーに関する国民の意識調査」では、『30年後については原子力発電で、22%が「ゼロに」、28%が「大きく減少」、22%が「やや減少」と、全体の72%が減らす(ゼロを含む)ことが望ましいと考えている。一方で、自然エネルギーは78%が「大きく増加」、15%が「やや増加」と、全体の93%が増やすことが望ましいと考えている。石油などは66%が減少(ゼロを含む)を望んでいることが分かった。』
(オルタナ記事 http://www.alterna.co.jp/5430 より)

また、4月10日には、東京・高円寺で反原発のデモがあり、15000人が参加(主催者発表)したとのこと。

【現地レポ】高円寺『反原発デモ』の様子
http://getnews.jp/archives/110107


 今、いきなり原発をすべて止めるわけにはいかないかもしれませんが、中長期的な取り組みとして、原発をなくしていこうという主張を、みんなでし続けていかなければいけないと思います。すでに、一部の閣僚や経団連の幹部、電気事業連合会の幹部などからは、今後も原発推進の旨の発言がなされています。そうした声に、しっかりとNOという世論を、作っていかなければなりません。
posted by rido at 18:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | ridoの主張 ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。