2009年05月13日

道路も作る場所によっては環境対策に! 外環道、練馬〜世田谷間が着工へ

 東京外環道の関越道〜東名道を結ぶ区間がついに着工されるようです。
不要な高速道路もたくさんあると思いますが、この区間は必要だと私は思います。

 東京周辺の高速道路は3環状といって、圏央道、外環道、首都高中央環状線のそれぞれの整備が進められていますが、一番交通量が多いであろう東名高速には、どの環状道路もまだ接続できていない状況です。(まもなく中央環状線が東名道から接続する首都高渋谷線と接続しますが。)名古屋方面から東京を通過する場合は、わざわざ都心ど真ん中の首都高都心環状線を通らないといけないんですよね。
 この外環道が開通すれば、慢性的に渋滞している首都高の都心部や環状八号線の渋滞解消が期待されるでしょう。
 ちなみに、関越道−東名間は現在 環状8号線経由で40〜100分程度かかっており、それが12分程度に行けるようになるようです。

 道路の建設ということで、ぱっと見、エコとは反対のように感じるかもしれませんが、この道路の開通により、排気ガスによる大気汚染も減るでしょうし、渋滞時に無駄に消費される燃料も削減することができます。この渋滞時の無駄が解消されれば、かなりの燃料が節約でき、CO2の大幅な削減につながると思います。(道路が建設される現場の住民にとって見れば、地元の交通量が増え、エコではないとおっしゃる方も多いと思いますが)

 山を切り崩して環境を大きく破壊する山の中の道路とは違って、大きな環境破壊にはならないと思いますが、東京の地下深くを掘って作ることになりますから、環境面に配慮した建設が求められますね。


<参考記事>
外環道の関越─東名間が着工へ
(2009/05/11 日経コンストラクション)




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコニュース ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。