2009年05月19日

5月22日は「国際生物多様性の日」:午前10時に各地で植樹する「グリーンウェイブ」を開催

5月22日は国際生物多様性の日

 毎年5月22日は、「国際生物多様性の日」だそうです。知りませんでした。。これは、国連の生物多様性条約が採択された日に由来するものです。
 また、この国際生物多様性の日には、毎年テーマがあって、今年のテーマは、「生物多様性と侵略的外来生物」だそうです。環境省が示したイベントには、あまりこのテーマは関係なさそうですが。

<参考情報>
「グリーンウェイブ2009」の実施等について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11136
(2009/5/18 環境省 報道発表資料)

------- 上記プレス資料より引用 -------
<過去7年間のテーマ>
    2002 年 森林における生物多様性
    2003 年 生物多様性と貧困削減−持続可能な開発への挑戦
    2004 年 生物多様性:すべての人のための食料、水、健康
    2005 年 生物多様性:変化する世界での「生命保険」
    2006 年 乾燥地帯における生物多様性の保護
    2007 年 生物多様性と気候変動
    2008 年 生物多様性と農業
------- 引用終わり -------


グリーンウェイブ
とは?


 そして、この国際生物多様性の日の世界各地の現地時間午前10時に、青少年の手で植樹をする運動が提唱されています。現地時間10時ということで、世界各地東から西へ順々に植樹をしていくということで「グリーンウェイブ(緑の波)」と呼んでいるということです。
 生徒たちが植樹の場所や方法、植える木の種類を考えることで、生物多様性のことについて学んで欲しいというのが、この活動の趣旨だそうです。確かに、青少年にというのは大事だと思いますが、どうせなら大人にも植樹を呼びかけて、もっと大々的にやってもいいのかなと思いますが、皆さんはどう思いますか?

 日本では、以下のイベントが予定されているようです。
 『環境省では、この運動の一環として、国際生物多様性の日である5月22日(金)に、新宿御苑において、アフメド・ジョグラフ生物多様性条約事務局長などを招いて、新宿区立花園小学校児童によるグリーンウェイブ植樹行事を行います。
 なお、現段階では、全国9都道府県において、51 の学校等が植樹等の行事を予定しています。』(上記プレス資料より引用)
 51の学校については、プレス資料の参考資料5に載っていますので興味のある方は確認ください。



 この日の元になっているのが生物多様性条約。この条約のCOP10(第10回締約国会議)が来年名古屋で開催されます。この来年2010年は、国際生物多様性年とすることも既に決まっており、これから来年にかけて、生物多様性という言葉を聞く機会も増えてきそうですね。
 みなさんも、この機会に、自分の周囲の環境の生物多様性について、考えてみてはいかがでしょうか?


【過去の関連記事】
2009年02月15日:生物多様性オフセット??
http://eepd.seesaa.net/article/114234672.html

2008年10月08日:温暖化問題の次に取り組むべきは「生物多様性」
http://eepd.seesaa.net/article/107740392.html

2008年07月30日:【地球環境問題事典】生物多様性の減少(野生生物種の減少)
http://eepd.seesaa.net/article/100948450.html


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコイベント ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。