2009年05月25日

人類はどのような「持続可能な社会」へ進むのか

 不都合な真実の翻訳者で環境ジャーナリストの枝廣淳子さんが配信している環境メールニュースをご存知ですか?
 その中で、京都大学名誉教授の内藤正明さん「自然共生的な持続可能社会への転換を目指して」という文章が紹介されていました。今後、人類はどう進むべきなのか。価値観をどう変えていかなければならないのか。非常に興味深い内容です。


 持続可能な社会・・・地球環境問題を克服して人類が持続するための方向として、二つに意見が分かれていると筆者は述べています。(『』内は引用)

 @『工業文明の力を信じて、無限発展を指向する立場』
 A『生態学的法則に従って循環共生社会を再構築する立場』


 人類の技術の進歩を信じて、@に突き進むか。ただ、これにはリスクがあると思います。必要な技術を人類は開発し続けることができるのか、ということです。どこかで破綻すれば、人類は終わり・・。

 一方、エコを意識して活動している人たちには、Aを指向している人が多いように感じます。ただ、これは価値観の変化が必要で、みんながみんなAの指向を持っているわけではない。

 『「産業技術」ではなく「社会技術」を中心に、都市工業系ではなく地域コミュニテイーにおいて環境文明社会を構築するための活動が、まだ局所的ではあるが各地で見られ始めた。』

 Aの自然と共生する社会は、地域地域で作っていくことができる社会と言えるかもしれません。内藤先生は、滋賀県の「持続可能な滋賀社会ビジョン」策定に大きく関わってこられています。確かに、地方と都市の格差が開いている現状で、地方は地方で、新しい社会を作っていくというのは、一つのスタートのような気がします。

 そして、その先の人類はどう進むのか? 皆さんはどう考えますか?



 本文に興味のある方はこちらから取り寄せてください。

環境メールニュース
http://www.es-inc.jp/lib/mailnews/index.html

上記から、配信登録もできますし、バックナンバーの取り寄せもできます。
今回ご紹介した文章が掲載されているのは、1646号です。

[enviro-news 1646] 内藤正明先生「自然共生的な持続可能社会への転換を目指して」 (2009.05.23)


また、「持続可能な滋賀社会ビジョン」は、こちらからどうぞ。
http://www.pref.shiga.jp/d/kankyo/sd_shiga.html



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。