2009年09月30日

政権交代で環境政策はどう変わるのか?

 今日は、月末ですね。
 9月はかなりサボってたので、滑り込みでエントリー。

 サボっている間に、世の中はかなり変化してきました。

 鳩山首相が2020年までに90年比25%削減を国連で表明し、今後、日本の温暖化政策は大きく変化していくものと思われます。

 これまで政府の温暖化対策を見ていると、環境省が積極的に取り組もうとするものの、産業界を代表する経済産業省が大きな削減目標に賛同してこなかったという経緯があります。しかし、鳩山内閣の直嶋経済産業大臣は、当然この25%の目標に賛同しており、経済産業行政の大きな変化が今後進んでいくことが期待できます。これから新しい政権がどういった環境政策を打ち出していくのか、非常に注目です。


 一方、国際社会に目を向ければ、今年の12月にコペンハーゲンで開催されるCOP15(気候変動枠組み条約 第15回締約国会議)で、ポスト京都議定書となる2012年以降の枠組みが合意されるのか、アメリカや中国が削減目標に合意するのか、その行方が注目されます。鳩山首相は、上記の25%の削減目標は、このアメリカや中国が新しい枠組みで削減目標を立てることを前提にしており、この会議如何では、今後の温暖化対策の進め方に大きな影響を与えることは確実です。


 書いてみれば当たり前のことをずらっと書いてきた気がしますが、このことをちゃんと皆さんは認識されていましたか? そういう意味もこめて、改めてここに書いた、ということにしておきましょう。




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。