2010年01月17日

今年は「国際生物多様性年」!

既に何度か書いていますが、地球温暖化の次に注目されると思われている環境問題として「生物多様性」の問題があります。
 今年2010年は、国連が定めた「国際生物多様性年」だそうです。世界各地で関連イベントが開催される予定になっています。まず、1月11日にドイツのベルリンで国際生物多様性年の開幕式が行なわれました。今後は、フランスのパリ、インドのデリー、コロンビアのカルタヘナ、中国の上海などで国際会議やシンポジウム、展示会などが行われる予定になっているそうです。
 日本では、今年10月に名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催される予定になっており、日本でも今年の終盤に向けて、注目を集めることになるでしょう。


<過去の関連記事>
2008年05月29日:いま注目の環境問題とは? −G8環境大臣会合のテーマから−
http://eepd.seesaa.net/article/98332694.html

2008年07月30日:【地球環境問題事典】生物多様性の減少(野生生物種の減少)
http://eepd.seesaa.net/article/100948450.html

2008年10月08日:温暖化問題の次に取り組むべきは「生物多様性」
http://eepd.seesaa.net/article/107740392.html

2009年02月21日:生物多様性の見える化へ 〜認証制度と経済価値の算出〜
http://eepd.seesaa.net/article/114598273.html

2009年05月19日:5月22日は「国際生物多様性の日」:午前10時に各地で植樹する「グリーンウェイブ」を開催
http://eepd.seesaa.net/article/119798494.html


<関連記事>
生物多様性年が幕開け=環境副大臣、COP10成功に決意−ベルリン
(2010/01/12 時事通信)

--------- 以下、引用 --------
 国連が2010年に定めた「国際生物多様性年」の開幕式が11日、ベルリンで行われた。田島一成環境副大臣はあいさつで、10月に名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)について、「成功させる決意だ」と表明した。
 田島副大臣は、2002年のCOP6で、10年までに生物多様性の損失速度を大幅に減少させるとの目標を設定したにもかかわらず、達成できていないと指摘。「COP10では新たな目標の設定が必要」と訴えた。
 また、自然と共生する知恵を生物多様性の保全に生かす「SATOYAMAイニシアチブ」を紹介し、COP10で提唱する考えを示した。
 一方、ホスト役を務めたドイツのメルケル首相は「生物多様性の保全は、気候変動問題への取り組みと同様に重要だ」と強調した。
 生物多様性年は、地球上の生物種や生態系の多様性維持の重要性に対する認識を広める目的で国連が設定した。
--------- 引用終わり --------



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
タグ:生物多様性
posted by rido at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | エコニュース ブックマークに追加する
この記事へのコメント
ブログ拝見させてもらいました!これから情報をチェックする時は寄らせて頂きます♪
Posted by 宗教 at 2010年07月26日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138502230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。