2011年01月22日

電気を作る微生物! 実用化へ向けて研究進む

水素と酸素から電気を作る燃料電池の研究が進んでいますが、「微生物燃料電池」なる研究が進んでいるそうです。
 主役となるのは、「電流生成菌」という細菌。有機物をえさにして、電流を生み出す細菌だそうです。つまり、有機物を入れた水中にこの微生物を入れると、電流が生まれるという仕組み。

 研究チームでは、この技術の活用方法として、以下の2つを想定しているそうです。

----- 以下、引用 -------
 1つは比較的大きなプラントで、下水や工場廃水を微生物で分解しながら「副産物」として電気を得るやり方。
 もう1つは、システムを小型化して携帯機器の電源などに使うものだ。現在はメタノールを使った燃料電池が開発されているが、微生物燃料電池ではメタノールよりも安全な原料を使えるようになる。
----- 引用終わる -------

 以前とりあげた、発電床もそうですが、実用化に向けた課題は発電効率。しかし、昨年大きく進歩し、『研究を始めた当初は1リットル当たり1ミリ〜10ミリワットしかできなかったのが「1リットル当たり2ワットの水準まできた」(渡辺氏)。世界的に見ても最高水準で「一気に実用化の見通しがみえてきた」(同)。』(記事より引用。渡辺氏=東京大学先端科学技術研究センター渡辺一哉特任准教授)だそうです。

 今後の展開に期待ですね。下水処理場が、発電所に変わる日が来るかもしれません。

<参考記事>
発電に微生物の力 燃料電池が実用レベルうかがう
(2011/1/21 日本経済新聞)

【過去の記事】
2007年05月25日:究極なエコ発電! 音力発電・振動力発電
http://eepd.seesaa.net/article/42777384.html


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | エコ・環境技術 ブックマークに追加する
この記事へのコメント
突然にすみません、
新しい電気エネルギーに関して発想の転換を感じましたのでメールしました。お許し下さいませ。

*地球は自然の巨大発電装置である。南半球と北半球では回転磁場が逆転するため相殺磁場としてのゼロ磁場が発生している。ゼロ磁場とはゼロバランスの気(プラーナ)のエネルギーのことである。

*母なるGAIA地球の振動数7.83Hzの共鳴装置を造れば、無限エネルギーの抽出が可能となる。

*宇宙エネルギーは3次元的には、水晶か、水晶の結晶構造を電気回路に置き換えた、メビウスコイルの縦波電磁共振によりエネルギーを取り込み、電気エネルギーに変換することができます。

私は書いてません。60〜70年前ぐらいにアメリカのニコラス テスラ氏の方法と似てると聞きます。
上記の3点は下記で読みました。
http://twitter.com/fransisco_G

私に能力はありませんが・・皆に関係ある電気に関しては意外と早く・・・皆様の協力で実用出来たらいいですね。
失礼しました。今後ともお元気で頑張ってください!
Posted by jope at 2011年04月23日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181758034
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。