2011年02月02日

経済成長のジレンマ

中国のGDPが、日本を抜いて世界2位になったというニュースが流れました。
これをうけて、不都合な真実の翻訳家でも知られる枝廣淳子さんが所長を務める「幸せ経済社会研究所」は、興味深いアンケート結果を発表しました。


日本国民は「経済成長のジレンマ」をどのように感じているのか?
〜「GDPに関する国民の意識調査」結果を発表〜
http://www.es-inc.jp/news/001922.html
(2011年01月25日 有限会社イーズ・幸せ経済社会研究所 プレスリリース)

経済成長のジレンマとは、プレスリリースから引用すると、「現在の経済・社会システムの中では経済成長を続けないと雇用や生活が不安定になってしまう」一方、「地球の資源やエネルギー、CO2吸収源などの限界を考えれば、永遠に経済成長を続けることは不可能である」という状況。
私も、この深刻化する地球環境問題を克服するためには、現代の資本主義社会の考えからを根本から変えるパラダイムシフトが必要だと思います。
いわゆる「エコエコ」にも通じる、経済と環境の問題。みなさんはどう思うでしょうか。

こうした新たな考え方について、『近年サルコジ仏大統領の諮問によりGDPが経済指標として適切であるかを問い直す委員会の報告が出され、英国政府の持続可能な社会委員会からも「成長なき繁栄」レポートなどが出されるなど、政治的にも大きく取り上げられるようになってきました。』(同プレスリリースより)
今回のアンケート調査では、日本の国民にもこの経済成長には限界があると考える人が、少なからずいることがわかったとしています。

日本政府は、ビジョンの見えない政策と大きな財政赤字を抱え、到底こんな大きな話が出来そうにもないようですが、このテーマは、人類社会の根本を考える非常に重要なテーマではないかと思います。

皆さんはどう考えますか?

幸せ経済社会研究所では、「幸せと経済と社会との関係を問い直す」というテーマで、シンポジウムを開催するようです。
興味のある方はどうぞ。

幸せ経済社会研究所設立記念シンポジウム
●日時:2011年3月4日(金)
http://www.es-inc.jp/news/001921.html




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183822606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。