2007年07月22日

原子力発電を考える。

既に、何度か原子力発電の安全性について、記事を書いてきました。

【過去の記事】
2007年07月18日:原発の安全性。。。原発の直下で地震
http://eepd.seesaa.net/article/48208906.html

2007年04月09日:核のゴミ、捨て方が決まっていない??
http://eepd.seesaa.net/article/38173637.html

 先日の柏崎刈羽原発の近くで発生した新潟県中越沖地震を受けて、再度原発の安全性を問う声が上がっています。
 ここで、先日の毎日新聞の社説をご紹介しましょう。

社説- 地震と原発 安全・安心に労を惜しむな
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070718ddm005070154000c.html
(2007/7/18 毎日新聞)

------------- 以下、引用 -----------
 日本列島の付近ではプレートが衝突し合い、ひずみがたまっている。将来ずれを起こす可能性のある活断層もいたるところにある。いつ、どこで、大きな地震が起きても不思議はない。
 その国土に全部で55基の原発がある。耐震安全は十分に確保されているのか。16日に起きた新潟県中越沖地震では、国民が心配に思う事態が複数起きた。それぞれ早急に検証し、安全・安心に結びつける必要がある。

(中略:変圧機の火災について)

 さらに本質的な問題は、原発の耐震性が十分に確保されているかどうかだ。今回は耐震設計の想定の2・5倍の揺れが観測された。排気筒のダクトのずれや廃棄物のドラム缶の転倒など50件ものトラブルが起きた。政府は安全が確認できるまで運転再開しないよう指示したが、当然だ。
 日本の原発耐震指針は昨年9月に改定されるまで、30年近く抜本的な見直しがなされていなかった。柏崎刈羽原発は旧指針に基づいて建設されており、揺れを過小評価している恐れがある。各電力会社は既存の原発についても新指針による評価を実施している最中だが、東電は柏崎刈羽原発の周辺の断層や原発施設の耐震性を早急に見直し、必要なら耐震補強をする必要がある。他の原発でも見直しを急ぐべきだろう。
 今回の地震は、新指針自体の妥当性を検証する上でも重要だ。新指針にあてはめると、今回動いた断層は発見できるのか。発見できない場合でも、新指針によって想定される揺れの範囲内に収まるのか。今回の地震を詳しく分析し、指針の想定が不十分であるとわかった場合には、再改定をためらうべきでない。
 放射能を含む水や放射性ヨウ素などが周辺環境に漏れたことも軽視できない。人体に影響はないというが、通常は想定されていない事態であり、漏れた経路などを突き止めておく必要がある。
 地球温暖化を背景に、二酸化炭素をほとんど出さない原発には世界的な追い風が吹いている。しかし、日本では地震によるリスクと隣り合わせである。安全・安心の確保にかける労力や費用を惜しむべきではない。
---------- 引用終わり -----------

 そんな中、会社の上司から興味深い本を貸していただきました。

「放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策」 著:古長谷 稔 


 この本は、静岡県御前崎市にある浜岡原発が、東海地震に見舞われて、万が一のことが起こった場合の原発震災について書かれています。ご存じない方も多いと思いますので、是非一読いただきたいと思います。

<関連リンク>
ストップ浜岡原発@ブログ
http://blog.livedoor.jp/stop_hamaoka/

原発震災を防ぐ全国署名
http://www.geocities.jp/genpatusinsai/

 この本を読むと改めて、原子力・放射能の怖さを思い知らされます。耐震性に十二分の対応をとることはもちろんですが、ふと考えてしまいます。人類の科学技術は、本当にどんな自然の驚異にも対応できるのでしょうか。今回の柏崎刈羽の場合も、「想定外の揺れが観測された」と東京電力は説明しましたが、万が一の大惨事が起こってから、「想定外でした」では取り返しのつかないことになります。地震を防いだり、避けたりできない以上、もう一度、原子力発電の必要性から、考え直した方がいいのではないかと思います。


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エココラム ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48341603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。