2007年12月31日

太陽光発電、一般家庭への普及なるか!?

 日本政府は、地球温暖化対策の一環として、2030年までに一般住宅全体の約3割にあたる1400万戸へ太陽光発電パネルを設置するという方針を決めたそうです。

 太陽光発電のパネルというと、どうしても「高い」、「コストの元を取るまでに20〜30年かかる」といったイメージが強く、お金に余裕がある家庭が設置するという印象を個人的には持っています。現に、住宅用の一般的な太陽光発電の設備は、約200万円だそうで、簡単に買えるものでもないですよね。
 これに対し、一般家庭でも購入できるような低価格の太陽光パネルの開発を国として目指すということのようです。シャープに代表される日本のメーカーは、世界の生産量の約半分を占め、太陽光発電パネルの技術力も高い訳ですから、是非実現させてもらいたいですね。
 標準的な3.7kWの太陽光発電設備を導入すると、4人家族の消費電力がほぼ賄えるそうです。
 
<参考記事>
太陽光発電、3割普及目指す 政府、温暖化対策で方針
(2007/12/30 中日新聞)


 P.S. 気がつけば2007年も大晦日を迎えました。2008年は、京都議定書の第一約束期間が開始し、よりいっそう環境問題が世の中の話題の中心になっていくのではないかと思います。来年も「エコエコ促進日記!」では、みなさんに正しい情報を伝え、みなさんの役に立つような「エコエコ」な情報をお届けしていきたいと思っておりますので、来年も応援よろしくお願いします!!


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコニュース ブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。