2009年05月01日

エコ会議のつくり方「実践編」 〜Aエコキャップとマイ箸〜

(昨日の続きです。)

【昨日の記事はこちら】
エコ会議のつくり方「実践編」 〜@グリーン電力証書の買い方〜
http://eepd.seesaa.net/article/118284716.html

------- おさらい -------
 先週の金曜日、私の勤務先の全社会議が都内の某ホテルで行われました。社員約1800人が参加する結構大きな会議です。毎年年度初めに、「キックオフミーティング」といって、昨年度の振り返りと今年度の戦略を会社のトップから全社員へ伝えるという重要な会議です。

 その会議を「エコ化」しようと、社内の環境サークルの有志メンバーで会社側に提案をして、今回以下の2つの施策を実行しました。その結果とそれにいたる経過をちょっとまとめてみようと思います。エコな会議をやりたい!という方の参考になればうれしいです。

 1)グリーン電力証書の導入
 2)3R活動の展開

------- おさらい おわり -------

【3R活動の展開】
 エコ会議といっても、グリーン電力証書を買っただけでは、ただお金を使っただけじゃないか・・。ということで、参加者にもエコ活動を実践してもらおうということで、3R活動の4つのお願いをしました。
 これは、全社会議の告知メールの中に、社員の皆さんへのお願いということで盛り込んで、皆さんに実践してもらいました。

 @エコキャップ運動
  われわれはコンサルティング会社という性格上、自社に出社する社員はごくわずかです。社内および、許可をいただいたクライアント先のプロジェクトルームでは、すでにエコキャップ運動として、ペットボトルの回収をやっていますが、そういった回収箱のない場所に勤務する社員にも、この機会にエコキャップを持ってきてもらおうということで、会場受付の横に特設回収箱を設置しました!
  1ヶ月前から3回程度の告知でしたので、どのくらい集まるかと思いましたが、結果、45リットルのゴミ袋1つ程度を回収することができ、なかなかの成果だったと思います!

 Aマイ箸持参
  ホテル側にお願いして、会議のあとの懇親会にマイ箸を持ち込むことを承諾していただき、マイ箸持参運動を奨励しました。
  こちらは、会場を眺めてみると、ちらほら程度でしたが、持参していただいた方がいらっしゃいました。
  ただ、これは実際の私の感想ですが、立食パーティの場合、マイ箸を常に持ち歩くのは、結構面倒ですね。常に同じ場所にいるわけではないので、食べ終わった食器やグラスは近くのテーブルにおいて置けばいいのですが、箸は常に手に持っていなければいけないということで、ちょっと不便でした。これは、要改善じゃないかと思います。。

 Bエコ会議出席時に空になるオフィスの照明・空調OFFの徹底
 C電車・バスなどの公共交通機関の利用の奨励
  これは、実際は会場内で行う活動ではないので、実践度合いはどこまでだったのかは分かりませんが、マイ箸を持ってきた方、エコキャップを持ってきた方は、少なくとも実践してくれたのではないかと勝手に推測しています。


 とまぁ、今回のエコ活動は、この4つで中身としてはまだまだできることはたくさんあると思いますが、初めてのエコ全社会議ということで、それなりの成果を挙げることができたのではないかと思っています。
 これを踏まえて、来年以降もっと素敵なエコ会議ができるよう検討したいと思います。
 読者の皆さん、ご意見、アドバイスなどがありましたら、是非コメント欄へお寄せください!


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する

2009年04月30日

エコ会議のつくり方「実践編」 〜@グリーン電力証書の買い方〜

 先週の金曜日、私の勤務先の全社会議が都内の某ホテルで行われました。社員約1800人が参加する結構大きな会議です。毎年年度初めに、「キックオフミーティング」といって、昨年度の振り返りと今年度の戦略を会社のトップから全社員へ伝えるという重要な会議です。

 その会議を「エコ化」しようと、社内の環境サークルの有志メンバーで会社側に提案をして、今回以下の2つの施策を実行しました。その結果とそれにいたる経過をちょっとまとめてみようと思います。エコな会議をやりたい!という方の参考になればうれしいです。

 1)グリーン電力証書の導入
 2)3R活動の展開


【グリーン電力証書の買い方】
 特にグリーン電力証書については、購入までどういう手順で進めたらいいかわからないという方もいらっしゃると思いますので、手順を簡単にまとめてみます。

 @グリーン電力化する対象を決める。
   今回は、ホテルの会場の空調・照明と、会場内のステージで使う音響・映像・照明機器を対象としました。


 A対象の機器が消費する電力を計算する。→グリーン電力証書の購入量を決める。
   ホテル会場の空調・照明については、ホテルの方に聞くしかありません。全部で、どれだけの容量(何KW)の設備なのかを聞きましょう。自分で持ち込む機器類は、機器の裏や説明書に消費電力(KW)が書いてあると思いますので、そちらを調べて書き出します。それに、会議の時間をかければ、電気量(kWh)を計算することができます。

 例えば、50KWの空調設備を5時間動かせば、250kWhということになります。また、本番前後の準備や片付けの時間も入れるといいですね。この時間帯は、照明・空調もフル稼働ではなく一部のみを運転したりすると思いますので、その場合の消費電力も調べます。

  本来なら、この時点で(あるいはもっと前の会場選びやコンテンツを検討する時点で)、不要な設備は止めるとか、できるだけ高効率の機器を選ぶとか、そういった省エネ活動をしなければいけません。今回は、自分たちが運営主体ではないということで、なかなか実践まで行きませんでした。実はここが一番大事なポイント!だと思いますが、来年に向けた課題としておきます。


 Bグリーン電力証書の購入先にコンタクト
   Aの計算と同時に、実際の購入先にコンタクトしてみましょう。グリーン電力証書で検索すれば、いくつかの業者さんが出てくると思います。そこから問い合わせフォームがあるでしょう。あるいは直接電話してもいいですね。今回は、メンバーの知り合いの方がいるということで、エナジーグリーン社にお願いしました。
   こういった会社の方々は、グリーン電力証書の専門家ですから、Aの計算の仕方なども、相談に乗ってくれるでしょう。

エナジーグリーン株式会社
http://www.energygreen.co.jp/


 C注文!
   Aで購入する電力量が決まったら、いざ発注!です。各業者さんの注文フォームがあると思いますので、それを記入して提出すればOKです。どのようなグリーン電力証書がいいのか、こちらの希望を伝えましょう。われわれの場合は、企業ブランドから考えて「風力発電」にしたかったので、その旨伝えました。また、できれば発電所を見学に行きたかったので、東京に近いところとお願いしました。他にも太陽光発電やバイオマス発電等の選択肢がありますね。ただ、業者さんによっては、提携先や在庫の都合で希望のものが無い場合もあります。今回の場合は、風力発電はOKだったのですが、北海道の石狩市民風車のものしか在庫が無いということで、そちらのグリーン電力証書を購入することにしました。どうしてもという希望がある場合は、別の業者さんに当たるというのも手ですね。
  イベントなどで使用する場合は、参加者の皆さんに見ていただくために、額に入った「グリーン電力証書」を展示したいですね。こちらは追加料金になりますが、注文のときにその旨お願いしましょう。
 また、注文すると、電子データとして、発電所の写真やグリーン電力証書のロゴをいただくことができました。チラシやWebなどに記載したい場合は、そのデータを使うことができます。


 D証書到着&支払
   あとは、実際のグリーン電力証書が到着するのを待つばかりですね。それから、代金の支払も忘れずに。


 というわけで、グリーン電力証書が届くまでを振り返ってみました。最初は、分からないことだらけでしたが、そんなに難しいことも無く、グリーン電力証書を買うことができたと思います。皆さんも機会があれば、グリーン電力証書を使ってみませんか?


 明日は、2)3R活動の展開 について、振り返ります。



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する

2009年04月28日

ご無沙汰してます。エコエコ促進日記!のridoです。

 みなさん、ご無沙汰してます。最近、このブログの更新がおろそかになっていてすみません。
 
 現在、仕事も少し忙しくなってきたのとに加え、会社のエコ活動(ボランティア)も増えてきて、平日の夜はブログに費やす時間が取れないことが多いのと、エコプルの開発作業で休日はつぶれてしまうことが多いため、ブログを更新する余裕がなくなっていました。
 
 それに加え、2年ほど前からさまざまなエコ技術やエコ情報を発信してきたこのブログですが、書きたいことがほぼ一巡してきたので、書きたいことがすぐに見つからなくなったというのも、更新頻度が落ちた原因の一つです。

 とまぁ、サボってたのでいろいろ言い訳を書いているわけですが、これからもこのブログは閉鎖するつもりはありません。ただ、余り頻繁に更新することはなくなるのではないかと思うので、一度断っておこうかな、と思ったしだいです。

 これからは、今までとは少し趣向を変えて、私個人の日記的な要素も少しずつ増やしていこうかなと思っています。今後とも、「エコエコ促進日記!」をよろしくお願いします!!



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する

2009年03月15日

初プリウス体験!でも、燃費はいまいち・・・

 先日、初めて「プリウス」を運転しました!2週ほど前になりますが、ニッポンレンタカーのエコクラスを予約して、用意されたのがプリウス。妻と久々のドライブってことで、東京湾アクアライン経由で、千葉のマザー牧場に行って来ました!


【過去の記事】
2008年03月14日:レンタカーに「エコクラス」が新設!
http://eepd.seesaa.net/article/89459109.html

2008年07月24日:レンタカーで、エコカーが人気!!
http://eepd.seesaa.net/article/103505842.html


 運転した感覚は、特に普通のガソリン車と変わらないかな、という印象でした。
 そして、一番期待していたのは、燃費。エコカーの代名詞ですからね。・・・しかし、結局190kmくらい走って、給油されたのは17.6リットル。ん?11km/リットルくらい?これじゃ、実家で乗ってるマニュアル車と同じじゃん。
 帰りにレンタカーの営業所の人と話をしてみましたが、電池の充電具合が少ないと、充電しようとして燃費が悪くなる(走行に必要な量以上のガソリンを消費する?)ようです。それにしてもねぇ。。私の運転の仕方もよくなかったのかなぁ?と思いますが、どういう運転の仕方がハイブリッド車に適しているのでしょうか・・・。今回は特別な例なのかもしれませんが、エコカーをエコに乗りこなすには、ドライバーの技術も必要なのかもしれません。エコカーの乗りこなし方、詳しい方は、是非コメントお願いします!



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する

2009年02月16日

食品ゴミを減らす「ドギーバッグ」。日本に定着するか?

 北海道新聞にドギーバッグの記事が出ていました。北海道で、ドギーバッグの利用が浸透し始めているそうです。環境意識の高まりと、不況による節約思考が重なってのことと、記事は述べています。
 ドギーバッグとは、レストランなどの食べ残しを持ち帰るもの。欧米で「飼い犬(doggy=親しみを込めて犬を呼ぶ時の言葉)のために」という口実で持ち帰る習慣があり、ドギーバッグが定着しているそうです。

 
農林水産省の調べでは、2006年度の外食産業での食べ残し量の割合は、食堂・レストランで3.1%、結婚披露宴では22.5%で、過去5年はほぼ横ばい
だそうです。食品リサイクル法によって、食品廃棄物は一定以上のリサイクルが義務付けられているわけですが、そもそも「食べ残しをしない」「後で食べる」
ことで、ゴミが減るわけですから、積極的に取り組みたいところですね。

 ただ、日本人の意識としては、食べ残しを持ち帰るのは恥ずかしいという風潮があります。こういった意識の改革が必要かもしれません。

 
あともう一つ。日本人は、「食の安全」を非常に気にします。ホテルなどでは食中毒などの懸念から、持ち帰りを断るところが多いようです。持ち帰ったものは
自己責任で、ということを理解した上で持ち帰る(時には店側にもそういった説明が必要かもしれません)、ということが大事ですね。


食べ残しを持ち帰り*広がる「ドギーバッグ」*エコと節約志向背景*ホテルは「お断り」も
(2009/2/10 北海道新聞)

------ 以下、引用 ------
東急ハンズ札幌店では、昨年10月からドギーバッグを1個819円で販売。軟らかいプラスチック製で、組み立てるとケーキ箱のような形になる。折りたため
るため携帯に便利な上、洗って繰り返し使用でき、70度までの耐熱性もある。女性客を中心に週数個のペースで売れているという。同店は「商品の知名度はま
だ低いが、エコ意識が高まっており、今後広がるだろう」と話す。
 持ち帰りを認めている飲食店のうち、帯広市の中華料理店「美珍楼(みちんろ
う)」は、店側で容器を用意しているが、鈴木邦彦専務は「店にとってはコスト削減にもなるので、容器を持ち込んでもらえるのはありがたい」と話す。札幌に
店舗がある、お好み焼きの全国チェーン「千房(ちぼう)」(大阪)も「(店で用意する)容器も食べ残しも減らすことができ、環境保護に一石二鳥の効果があ
る」と歓迎する。
 一方、ホテルなどでは、持ち帰りの申し出を断るところが多い。札幌市内の多くの大手ホテルは「季節を問わず、食べ残した料理の持ち帰りは一切断る」とし、あるホテルは「持ち帰る側の自己責任とはいえ、食中毒でも起きたら、こちらにも責任が及びかねない」と話す。
------ 引用終わり ------

折りたためて、いつでも持ち歩けるドギーバッグ。お一ついかが?

MOTTAINAI DOGGY BAG ドギーバッグ 大小セット 819円





ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコ日記 ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。