2007年11月08日

マイ箸持参でラーメンが大盛りに!? 千葉エコラーメンプロジェクト2007

 こういう企画待ってました!大学時代にラーメンサークルなるものを結成して活動していた身としては、まさにうってつけの企画です!(といっても、最近は、永遠のダイエッターとして、ラーメンはあまり食べませんが。。。)

 マイ箸の持参率は、順調に増えているようですが、やはりインフラ面の整備が必要と感じていました。マイ箸を持っていったら、割引してくれるとか、おまけをつけてくれるとうれしいですね。残念ながら、今までそういう経験をしたことはありません。
 それに、食べ終わった後に、箸を洗ってくれると、かなりうれしいです。(今まで、3軒ほど、気のいいおばさんが洗ってくれたことがあります。)やはり、マイ箸を持参しても、その場で洗うことが出来ないので持ち帰ってから洗うことになり、清潔面も気になるし、あとで手間もかかるし。そのあたりが改善されたら、もっとマイ箸を持つ人が増えるのではないかなーと思います。

 話が逸れましたが、千葉エコラーメンプロジェクト。大盛りサービスや、味玉サービスなど、うれしいサービス満載です。お近くの皆さん、こちらのページをチェックして、お出かけください! できれば、車じゃなくて、徒歩か自転車で行きましょうね。

<千葉エコラーメンプロジェクト2007>
千葉エコラーメンプロジェクト2007


ラーメン店がエコ企画 マイ箸持参→めん大盛り、ギョーザ割引=千葉
(2007年11月6日 読売新聞)

------------ 以下、引用 -------------
 ラーメンを食べながら環境問題について考えよう――。県内を中心としたラーメン店による「千葉エコラーメンプロジェクト2007」が10月から展開されている。インターネットなどで千葉のラーメン情報を発信する千葉市緑区のフリーライター、山路力也さん(39)が呼びかけたもので、12月31日までの期間中、参加店を利用する際、割りばし消費低減に向け自分用の箸(はし)を持参すると、めんの大盛りやギョーザの割引、味付け卵の追加など、各店独自の特典が受けられる。
 発案のきっかけは、山路さんが今夏、あるラーメン店主から聞いた「最近、“マイ箸”を持ってくるお客さんが増えた。その気持ちに応えてあげたい」という言葉。エコバッグの浸透など環境問題への関心が高まっていることもあり、「日ごろ食べるラーメンを通じて、エコロジーについて考えるきっかけを提供しよう」と、チラシ片手に県内のラーメン店を訪ね歩き、協力を呼びかけてきた。
 プロジェクト参加店は10月末現在、県内41店、都内1店で、今後も「まだまだ増える」(山路さん)。各店は特典を提供するだけではなく、「節水節電の意識強化」「交通手段に自転車を利用」などの省エネにも取り組み、今後、一部を除く店で「オリジナルマイ箸」を販売し、売り上げの一部を「緑の募金」に寄付する予定だ。
 山路さんは「割りばしを使い捨てしていれば、ごみが増える。森林保護、地球温暖化防止の効果に直接は結び付かないかもしれないが、運動が広がっていけばうれしい」と期待している。参加店一覧などは、特設ホームページ(http://www.chibaraumen.com/eco)に掲載されている。
------- 引用終わり ------------


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ


posted by rido at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する

2007年10月25日

勝手にPCを省エネしてくれるフリーソフト「Local Cooling」

 1日中パソコンの前にいる人は、結構多いですよね。そんな私も、仕事中はミーティングを除いて、常にパソコンとにらめっこをしています。
 そのパソコンの消費電力を勝手に抑えてくれるというフリーソフトを見つけました。

ちなみに英語です。。、

Local Cooing
http://www.localcooling.com/


早速ダウンロードしてインストールしてみると、、

localcooling.GIF

ということで、インストールしただけで、16Wの削減になったようです。小さな電球1つ分消したことになりますね。

 まだ、インストールしたばかりなので、0なのですが、その横には、木を何本分節約したか、石油を何ガロン節約したか、というのも表示されるようになっています。パソコンを使えば使うほど、数値が増えていくということですね。なんとも省エネした感を味わえます! でも、その前に、「使わないときは電源を切る!」方が大事ですよ!!



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する

2007年09月16日

僕らの未来のためにエコ生活を始めよう! 環境コミュニケーションポータル「ecople(エコプル)」リニューアル!!

最初に断っておきますと、今日は、完全に宣伝です(笑)。

といっても、このブログを開いていただいた環境に興味を持っている皆様は、絶対楽しんでいただけるサイトだと思いますので、どうぞお付き合いください!

すでにこのブログでも書いたこともありますし、右上と右下にバナーが貼ってあるので、すでに訪問された方も多いかもしれませんが、私と友人数人で 環境コミュニケーションポータル「ecople.net(エコプル)」 というサイトを運営しています。

僕らの未来のためにエコ生活を始めよう!
環境コミュニケーションポータル「ecople(エコプル)」
http://www.ecople.net/

このサイトは、環境(エコ)に関する情報をユーザの皆さんで持ち寄って蓄積・整理することで、ユーザ同士でコミュニケーションをしながらポータルサイトを作り上げていこうという、新しいコンセプトの環境ポータルサイトを目指しています。

今日は、このサイトがリニューアルしましたので、このブログでもアナウンスさせてもらいました!

これまでも、最新のエコニュースと、エコブログの記事を分類別に整理してきましたが、今回のリニューアルでブログの投稿や閲覧機能の充実が図られ、また、新たにエコな本の売上ランキングが表示されるようになりました!!

まだまだ未熟なサイトですが、意外と面白い情報が集まってきていると思いますので、是非、一度足を運んでみてください!
また、環境・エコに関する記事を一度でも書いたことのあるブロガーの皆さん、是非記事を投稿してください!!

明日からも更なる機能強化に向けて、がんばっていきますので、ご感想やご要望、アドバイスなどがありましたら、この記事にメッセージ投稿していただいてもいいですし、エコプルサイト内の要望ページから気軽にメッセージをいただけると、本当にうれしいです!

新しい環境コミュニケーションポータル「ecople.net(エコプル)」、
そして、この「エコエコ促進日記!」も、これからもさまざまな情報を発信していきたいと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします!!




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する

2007年09月07日

環境にやさしいホテル・旅館ガイド!

夏休みの季節ももう終わりですが、今日は、こんなサイトをご紹介しましょう。

GPNエコチャレンジホテル旅館データベース
http://www.ecochallenge.jp/

 このサイトは、GPN(グリーン購入ネットワーク)が運営する環境にやさしいホテルや旅館のデータベースです。「モノ」を買う場合は、原材料や性能などを見て、エコかどうか判断することはできます(グリーン購入ガイドなどもあります)が、こういったホテルや旅館、お店などは、なかなか環境の情報まで表示している場合は少ないので、行ってみないとわからない部分も多いと思いませんか?
 そんな中で、このサイトは一助になると思いますよ。

 情報の内容をもう少しご紹介しておきましょう。このサイトに掲載されているのは、基本的には、ホテル・旅館側の自己評価です。
 評価項目(チェックシート)は、
  1.環境への取り組み姿勢
  2.廃棄物削減・リサイクル
  3.飲食関連
  4.省エネルギー・節水
  5.グリーン購入・化学物質・その他
 の大きく5項目になっていて、それらがそれぞれ5点満点で評価されています。

全項目が4点以上の旅館を検索してみたら、以下の2つがヒットしました。今度の旅行はこの2軒で決まり!?

○戸田家(三重県鳥羽市) 評点:5.0 4.4 5.0 4.2 4.4(上記の評価項目順)
 http://www.todaya.co.jp/
 宿の写真はこんな感じ↓でした。

予約はこちらから!


○星のや 軽井沢(長野県軽井沢町) 評点:5.0 4.4 5.0 4.2 5.0(上記の評価項目順)
 http://www.hoshinoya.com/
予約はこちらから!


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する

2007年08月18日

二酸化炭素を地中に埋める作戦

 昨日、温暖化対策の技術開発について書きましたが、その中で出てきた二酸化炭素を地中に埋める技術について、詳しい情報を見つけたのでご紹介したいと思います。

 2兆tの二酸化炭素を処分できるという数字を見ると、魅力を感じてしまいますね。ただ、この二酸化炭素を地中に埋める作戦。昨日も書きましたが、対症療法的で個人的には評価できません。以下の記事の結びをまず引用しておきます。

 「人間の欲望はとどまるところを知らない。貧しい途上国の人々にしてみれば、先進国並みの豊かな生活を望むのは当然の権利である。それでも、地球温暖化という危機が目の前にあれば、世界中の人に、地球の明日を守るために何とか我慢しようという意識が働くかもしれない。しかし、CCSの潜在的可能性は極めて大きい。それだけに、「CCSさえあれば温暖化も恐れる必要がない」と人々が考えれば何が起こるのか。多少なりとも、文明論的な考察が必要なのかもしれない。」

温暖化対策の切り札になるか?開発進むCCSの可能性
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/torii/07/index.shtml
(2007/8/16 日経BP:ECOマネジメント)

2兆tのCO2を処分できるという「CCS」の可能性
http://www.nikkeibp.co.jp/news/eco07q3/542410/
(2007/8/16 日経BPニュース)

--------- 以下、引用 -------
 化石燃料を消費した結果として生じるCO2が、大気中に拡散して温暖化を引き起こす。温暖化を緩和(防止できないまでも温暖化の度合いを引き下げる)するには、大きく三つの方法が考えられる。
 一つは、化石燃料を消費してCO2が発生しても、大気中に拡散させないという方法である。二つ目に化石燃料を使ってもCO2を発生させないという方法が考えられる。例えば、化石燃料を事前に処理して水素と炭素を分離し、水素分だけを燃焼させ、炭素は固体材料として活用するといった方法である。最後が、化石燃料に頼らないという、最も本質的な対処法である。
 CCS は、三つの対策のうち、拡散させないという最初に挙げた解決策であり、最も対症療法的な考え方である。廃棄物を出るにまかせておいて、別途、その処分を考える。伝統的なゴミ問題に対する解決策とも通じるところがある。現代市民の目からすると、違和感のある方法かもしれない。さらに、地中や海中に隔離するといっても、「時間が経てば漏れて大気中に出てくるのでは」という不安を誘う。
-------- 引用終わり --------

技術の中身は、ECOマネジメントのページに詳しく出ているので、興味のある方はぜひご覧ください。


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコレビュー ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。