2009年07月06日

パナソニックが、「CO2±0のくらし」を提案!

パナソニックがスペシャルサイト「CO2±0(ゼロ)のくらし」をオープンしました。
http://panasonic.co.jp/eco/zero-co2



 CO2±0のくらし、つまり、カーボンオフセットということですね。このサイトでは、以下の4つでCO2±0を実現しよう!と提案されています。

 @省エネ家電に買い替え
 Aネットワークをつないで省エネ(エネルギーの見える化など)
 B家の断熱性を高め、そもそもエネルギーを使わない
 Cそれでも使う分は、太陽光発電や燃料電池で創エネ

 パナソニックは、家電メーカーでもあり住宅設備メーカーでもあるので、家まるごとをカバーしたトータルなCO2削減提案ができるのはいいですね。

 また、パナソニックでは、こうしたエコアイディアを結集したショールームが東京・有明にあります。その名も「エコアイディアハウス」。興味がある方は、是非訪れてみては?

「エコアイディアハウス」
http://panasonic.co.jp/ecohouse

 ちなみに、一般公開は土曜・日曜・祝日(月曜日は除く)のみなので、ご注意を!入場は無料です。


 
 私も将来いつの日か・・・、自分の家を持つことになったら、立派なエコハウスを建ててエコライフを楽しみたいです。ただ、エコハウスを建てるとなると、さまざまな知識が必要で、いろいろな分野の情報を集めなければいけないと思っていました。そして、費用も余計にかかりますね。
 最近は、各メーカーからもさまざまなエコ技術が出てきて、エコハウスの情報をよく見かけるようになりました。私が家を建てるころには(いつだろう?)、これらの技術を使って、「安く!」エコハウスが建てられるようになっているとうれしいです。エコエコを実現したエコハウスでエコライフを送る。これが、エコエコ促進日記!の最終目標かもしれませんね。


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 21:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | エコハウス ブックマークに追加する

2008年09月10日

壁面緑化をすると、CO2が増える?!

 非常に興味深い記事を見つけました。ヒートアイランド対策として導入される壁面緑化や屋上緑化、光触媒コーティングなど。これらを単純に夏場の空調使用の減少によるCO2削減効果だけではなく、全体の環境影響を考えなければいけない、ということで、LCA(ライフサイクルアセスメント)の考え方で評価した研究結果が発表されました。研究を行ったのは、産業技術総合研究所 社会とLCA研究グループ。
 その中で、実は「壁面緑化をするとCO2が増加する」、という結果が出ました。これは、壁面緑化をするには頑丈な土台が必要で、その土台には製造時に多くのエネルギーが必要なステンレスが使用されているということが原因のようです。
 また、高反射塗料を屋上に塗った場合は、夏の気温低減効果が高く、冷房使用を大幅に下げられるものの、逆に冬にも熱を反射してしまい、暖房使用が増えてしまうため、結果的に一年間の合計では、何もしない場合に比べ、わずかに電力需要が増えてしまう(冷房の削減分より暖房の増加分のほうが大きい)という結果になっています。これは、建物の用途によって、採用の要否を考え直さなければいけないですね。


【ヒートアイランド対策】LCAで環境負荷高い壁面緑化 年間通じた効果の再考が必要
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080905/169713/
(2008年9月10日 日経エコロジー)

------- 以下、引用 ------
 産業技術総合研究所・社会とLCA研究グループの玄地裕グループ長は、「ヒートアイランド対策といえば夏の効果ばかりが注目され、地球温暖化対策と切り離して論じられているのはおかしい」と感じ、施工面積当たりの年換算CO2排出量を基に、5種類のヒートアイランド対策を比較研究した。
 その5種類とは、下のグラフで示した光触媒コーティング、高反射塗料(屋上)、同(側壁)、屋上緑化と壁面緑化だ。研究では、東京都中央区日本橋付近の区画状況と、同じ場所の2002年6月から1年間の実測気温データを用いて評価した。評価では、製造・運用段階と建物の空調使用段階の2パターンで CO2排出増減量を測定し、合計のLCCO2(ライフサイクルCO2)を求めた。

heatisland_co2.jpg
------- 引用終わり ---------

 この結果を見るとわかりますが、単純に夏の冷房が減らせる!というだけで、こうしたエコ設備の設置を決めるのではなく、冬場の暖房はどうなるのか?、また、この設備の製造や設置、廃棄時にはどのような環境負荷が出るのか?といったことを総合的に考えて設置しなければいけませんね。

 最後に補足ですが、『屋上緑化資材最大手の東邦レオ(大阪市)によれば、「壁面緑化を注文する企業も、環境配慮より宣伝広告としての効果を求めることが多い」という。同社は2階建てなど低い建物ならば、より簡単に取り付けられる、スチール製の土台を使った壁面緑化も販売し始めた。』(同記事より)ということです。環境技術もさらに進歩を続けていくというわけですね。



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコハウス ブックマークに追加する

2008年08月10日

世界初!重曹対応のエコ食洗機が登場!!

 食器洗い機を導入する人が増えているようです。人間の手間も減らせて、かつ、水の使用量も削減できてエコだということですから、なかなかの優れものですね。我が家にも是非導入したいのですが、キッチンのスペースの問題で導入が難しい状況です。

 さて、そんな普及が進む食洗機ですが、通常洗剤は、食洗機用の専用洗剤を使うのが普通だそうですね。(私は使ったことがないのでよく知りませんが、、)
 今回リンナイから発売された食器洗い乾燥機には、洗剤ではなく重曹で洗える『重曹モード』が搭載されたのだそうです。これで、洗剤もエコ化ができるというわけ!!
 『従来の食洗機でも、専用洗剤を使わずに重曹で食器洗いができないわけではなかったが、重曹洗浄に最適化したモードを搭載したのは世界初だ。』(下記記事より引用)


世界初「重曹モード」搭載の食器洗い乾燥機。環境にやさしく、コストも削減
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080805/1017349/
(2008年08月08日 日経トレンディネット)

----- 以下、記事より引用 -------
 専用洗剤には汚れ落ちをよくするための酵素が含まれているが、この酵素を活性化させるためには60度以上の高温でなくてはならない。(中略)しかし、(中略)今回の「重曹洗浄モード」では、30度の低温で洗浄を行う。水温を上げる光熱費が抑えられるのに加え、重曹は専用洗剤に比べて価格が安い。重曹洗浄モードを使った場合、手洗いに比べて年間で約2万950円もランニングコストが抑えられるという。従来の食洗機と比べても、4600円お得になる計算だ。
------- 引用終わり ---------

 重曹を使うことで、水温も低く抑えられるというのはすばらしいですね。水もエネルギーも抑えられて、いいこと尽くめ。
 重曹洗浄モードを搭載したモデルは、スタンダードモデル「RKW-402G」(実勢価格14万8000円前後)と、ハイグレードモデル「RKW-402L」(実勢価格17万5000円前後)の2機種です。

まだ、新製品は楽天には出ていなかったので、こちらは、旧モデルRKW-402Aです。



ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコハウス ブックマークに追加する

2008年08月07日

新築一戸建て住宅に、太陽熱温水器の設置を義務付けへ。

 一戸建て住宅を新築する場合、太陽熱温水器の設置が義務付けられるようになります。といっても、今日はハワイの話ですが。

 アメリカ合衆国ハワイ州では、全エネルギーの70%を再生可能エネルギーでまかなう目標を掲げていて、そのための第一歩だそうです。ハワイでしたら、なんだかずっと晴れていそうですし、太陽の力を借りるにはもってこいの場所に思えますよね。

 太陽熱温水器については、すでにこのブログでも取り上げていますが、太陽光発電より格段にエネルギー効率が高く、初期コストも安く済みます。お湯をたくさん使うような家庭の場合は、特に威力を発揮しますね!


【過去の記事】
2007年10月31日;太陽熱温水器 驚きの実力!?
http://eepd.seesaa.net/article/63440295.html

米国ハワイ州、新築一戸建て住宅に太陽熱温水器の設置を義務づけ
http://daily-ondanka.com/news/2008/20080703_1.html
(2008年07月03日 日刊温暖化新聞)

-------- 以下、引用 ---------
(ハワイ州知事HPより)

 米国、ハワイ州ホノルル発−ハワイ州のリンダ・リングル知事は6月26日、同州で最も豊富な再生可能エネルギー源の一つである太陽熱の利用を増やし、輸入石油への依存度を減らす法案に署名をした。これにより、同州は、新築一戸建て住宅に太陽熱温水器の設置を義務づける全米初の州となる。
 この法案は、2010年1月1日以降、太陽熱温水器を設置しない新築一戸建て住宅に対しては、建築許可を出さないというもの。ただし、森林地帯など太陽光が届きにくい場所に建設する場合、全体的に見てソーラーシステムのコストが高くつくときや、その建物が代わりの再生可能エネルギー源を利用するときには、例外として認められる。
-------- 引用終わり ---------


ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコハウス ブックマークに追加する

2008年07月31日

普及進む!「エコガラス」

 一年以上前に、このブログでご紹介した「エコガラス」。
 その後、テレビCMが始まったりして、かなり世の中に広まってきている感じがしていましたが、本当に普及が進んでいるようです。
 記事によると、『最近は環境意識の高まりから急増し、同協会(板硝子協会)によると、07年の新築一戸建ての普及率は前年比6・6ポイント増の35・8%に拡大。マンションやアパートなど新築共同住宅の普及率も同2・6ポイント増の4・3%となった。』
 さらに、ホテルなどの大規模施設でも導入が進んでいて、昨年秋に改装したホテルニューオータニでも採用された。空調設備の更新と含め、約20%の省エネになったそうです。また、結露などもなくなり、お客さんからの評判も上々のようです。
 注目の価格は、通常のガラスの約5倍だそうです。エコエコになるには、エコガラスによる省エネ効果に拠るところになりますが、今度もっと普及してくれば、価格も下がってくるでしょう。エネルギー価格も高騰していますし、今後は、エコガラスが当たり前になるかもしれませんね。


<参考記事>
エコガラス- 経費削減とエコ、一石二鳥 夏涼しく、冬あったか
(2008/6/14 毎日新聞)

-------------- 以下、引用 ---------------
 ◇エコガラス
 2枚の板ガラスの間に空気層を設け、片側のガラスの内側に銀や亜鉛などの特殊な金属膜をコーティングしたガラス。板硝子協会によると、金属膜が太陽光を遮ることで、遮熱効果は通常の1枚ガラスの約6倍。同協会の試算では、全国の住宅すべてをエコガラスに替えた場合、年間約1700万トンのCO2削減が可能という。
-------------- 引用終わり ---------------

【過去の記事】
2007年05月18日:エコガラスで省エネ!!
http://eepd.seesaa.net/article/41992966.html


エコガラスへのリフォームをしたくなった方は、こちらへどうぞ!
ガラス屋ケンさんのイー・リフォーム




ブログランキングへの応援 お願いします!!
にほんブログ村 環境ブログへ
タグ:エコガラス
posted by rido at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エコハウス ブックマークに追加する
 





『エコエコ促進日記』は、
チームマイナス6%に
参加しています!!
eco-people
筆者ridoは、エコ検定を取得した
「eco people」です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。